FLEX(フレックス)副業は怪しい?気になる3つの危険な詐欺疑惑

フレックスフレックス
この記事は約6分で読めます。

現在、経済的な問題を抱えている人は非常に多いです。

金融庁が発表した2018年の『家計の金融行動に関する世論調査』によると、貯金額は中央値で、二人以上の世帯で450万円、単身者世帯は50万円という数値が出ているようです。

一方で、同じ調査内で借金の有無について調べたところ、二人以上の世帯では4割以上の人が「ある」と答えました。

その多くは住宅ローンなどですが、借金の平均金額は70万円ほど増加しているということです。

これらの調査からもわかるように、貯金がそれほどできていないにもかかわらず、借金の金額は大きくなっています。
クレジットカードなどを簡単に作ることができますし、リボ払いなどの便利な支払い方法が多数存在します。

しかし、このまま借金の金額が増加することになれば、多くの過程で破産する自体になる可能性があります。

そうならないためには「副業」が必要です。

そして副業の中でも「FLEX(フレックス)」という副業はオススメしています。

このFLEX(フレックス)は、一部で詐欺疑惑があるなど、不安要素もありますので、そのあたりを徹底的に調査していきたいと思います。

なぜFLEX(フレックス)は詐欺疑惑があるのか?

さて、まずはFLEX(フレックス)に対する詐欺疑惑について見ていきましょう。

まず、FLEX(フレックス)が詐欺だと疑われているのは、大きく分けて3つの理由があります。

①「誰でも簡単に稼げる」なんて怪しい

FLEX(フレックス)に関する詐欺疑惑に関しては、調べてもらえばわかると思いますが、実はFLEX(フレックス)に参加していない人からの意見しかありません。

実際に参加している人に聞くと、非常に良い意見ばかりを聞きます。

そんな参加していない人からすると、この「誰でも稼げる仕組み」というのが非常に怪しく感じるのでしょう。

その気持ちは、私自身よくわかります。

実際、私も最初はこのFLEX(フレックス)を疑っていました。

私は、少し古い時代の考え方かもしれませんが「楽してお金を稼ぐのはダメなこと」という価値観がありました。

私の家は、元々貧乏だったのですが、お父さんは非常に真面目な人でした。

家族のために身を粉にして働く姿を見てきたからか「汗水たらして働くことが正しい」と考えていました。

そういった考えがあったために「楽に稼ぐ」「簡単に稼ぐ」という副業を見るだけでも嫌でした。

しかし実際にこのFLEX(フレックス)を経験してみて、自分が間違っていたことに気づきました。

一見するとこのFLEX(フレックス)は、非常に怪しい副業に見えるかもしれませんが、その内容としてはビジネスの根本にフォーカスした非常に理にかなったものでした。

「楽をして稼ぐ」というわけではなく、不要な部分を削ぎ落として、単純作業はツールに任せるというスタンスでした。

その為、何もせずに稼げるわけではありませんし、私もある程度の時間を使って副業に挑戦しました。

このFLEX(フレックス)を経験してみてわかったのですが、お金というのは、「価値を提供した分に対する対価」だということです。

世の中に多くの価値を提供している人ほど、多くのお金をもらっているということです。

つまり、価値さえ提供すれば、その過程はそれほど重要ではないのです。

これは、私のこれまでの人生には無い価値観でした。

ツールを使用して作業を効率的に行うほうが、面倒くさい作業を全て自分の力でやるよりも多くの価値が世の中に提供できます。

そのため、多くのお金を受け取ることができる。

辛いと思って仕事をしても、楽しいと思って仕事をしても価値が提供できていればお金になります。

それを知らずに「楽して稼げるなんて怪しい」と思っていた自分自身を反省しています。

②参加前に内容がわからない

これに関しても、参加者ではなく参加する前の人の評価になりますが、このFLEX(フレックス)は、具体的な方法について述べられていません。

これが、怪しいという噂です。

しかし、それには理由があります。

本物の情報というのは、一般人に出回ることはほとんどありません。

それは、情報というものの性質上「多くの人が知らないからこそ価値がある」というものが存在します。

今回のFLEX(フレックス)に関しても、それに該当するのではないかと考えています。

正直、誰でも稼げる方法だと思っていますが、もしも日本中の人がこの方法を知ってしまっていたら・・・

やはり、稼げない人も出てくるのではないかと思います。

そのくらい、情報の希少価値というのは重要なものなのです。

③参加が遅いと稼げなくなる?

先程の話で、情報の希少性についてお話しましたが、この話をすると「じゃあ、参加が遅いと稼げなくなるの?」という人が出てきますが、そんな事はありません。

このFLEX(フレックス)は、そのビジネスモデル自体はかなり古くから存在していました。

現代になっても、その需要自体は常に存在するものになります。

その為、参加が遅かったからといって、稼げなくなることはありません。

今からでも十分に稼げる手法になっています。

とはいうものの、参加はできるだけ早いほうが良いです。

その理由は、サポートと返金制度にあります。

現在FLEX(フレックス)は、非常にしっかりとしたサポートと、返金保証によって人気を集めています。

そして今後は、一気に参加者が増えることが予想されています。

もしもそうなってしまっては、サポート体制が間に合わないという可能性も予想できます。

さらに、返金保証についても、途中で無くなる可能性があります。

一般的なビジネスでは、返金保証というのは実績の少ない商品が、お客さんを安心させるためにつけるようなものです。

その為、実績が集まってくると返金保証をやめる会社も多いです。

実績が集まれば、返金保証をしなくても口コミで広がっていくからです。

私としては今すぐにスタートして欲しいと思っています。

FLEX(フレックス)は詐欺ではなく将来性のある副業である

今回は、副業で非常に人気の高いFLEX(フレックス)について見てきました。

現在、ユーチューバーなどの新しい働き方が出てきているので「自分でもできるんじゃないのか」と考えてしまう人も多いと思いますが、こういったビジネスは先行者利益が非常に重要になってきます。

ユーチューバーが注目されるよりも先に、ビジネスの将来性を見抜いて、コンテンツを作り続けられるコンテンツ制作者は稼げているでしょうが、一般の人が参入しても可能性は低いでしょう。

そういったビジネスに手を出して、時間と労力をかけて収入が得られないくらいなら、誰でも簡単に稼げる仕組みがあるなら、それを利用した方が効率的ではないでしょうか。

FLEX(フレックス)は、これからの時代の稼ぎ方に合った方法だと感じています。
スマホかパソコンがあれば、どこででも稼ぐことができるので、年齢や性別、学歴や職歴に関係なく稼ぐことが可能です。

副業を考えているのであれば、是非検討してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました